過去世

過去世での関係

魂が生まれかわる”輪廻転生”を信じている私は、
恋人や友達など、親しい人ができたときはいつだって
(この人とはいつの時代、どんな関係でかかわっていたんだろう)
と考えてしまいます。
もちろん、私の中からわきあがったイメージが真実なのかどうか
それを証明することはできません。
でも、必ず相手との関係を示すイメージが私の中に突然わいてくるのです。

たとえば、以前こんなことがありました。
15年以上前に仕事で知り合ったI氏とは、たった一度だけしか会って
いないのにもかかわらず、その後何年か年賀状のやり取りを続けていました。
ふつう一度会っただけの人とは、翌年だけの交換で終わりがちなのに、
なぜかI氏に対しては書かなければならない気持ちになっていました。
数年後、そんなI氏と久しぶりに会いましょう、ということになり
私達は再会することになります。

初めて会ったときから何年も経っていたので、当然顔もおぼろげだし、
どんな話をすればいいのかもわからず、行くまでの私は困惑気味でした。
ところが、会ったときにはそんなことも忘れ、私達は魂の話など
スピリチュアルな話題で盛り上がってしまったのです。
ほとんど初めて会ったような相手と、恋愛っ気まったくなく、
ただ人はなぜ生きているのか……なんて話をずっとしていました。
そして、再び会うのが当たり前の長年の知り合いのように
その日私達は気軽に別れていきました。

帰りの電車の中で、なんともいえない懐かしさを感じたI氏に対して、
私は絶対に何処かで会ったことがあると強く感じていました。
家にたどり着くまでの道すがら、ずっとI氏と自分の過去世での関係を
考えていた私の口から突然、(助けたかった…)という言葉が出ました。
無意識に出たこの言葉に、自分でも驚いたくらいです。
でも、この言葉がきっかけで、私はI氏との関係を思い出していきました。
いつの時代かはわかりません。でも、過去世において、彼と私は同志のような
間柄でした。ところが、彼が私の目の前で胸を刺され殺されてしまっていたのです。
そのとき、目の前で死んでいく彼を私はどうすることもできなかった。
私の魂はずっとそれを悔んでいたのかもしれません。

その数日後、たまたま私は霊能力のある知り合いの母親に会うことになります。
彼女には自分の感じたことは話さず、
「最近再会した人のことが気になってしまうんですが……」
と切り出してみました。すると彼女は瞬きもせず私を見つめて、
「その人とは過去世でとても親しい関係だったはずよ。だけど、あなたの目の前で
彼は殺されてしまったの。そのとき、あなたの魂は自分が何もできなかった
ってことをずっと後悔し続けてきたのね。でも、再会して彼の魂が健在だった
ことが確認できて、やっとあなたの魂は安心できたんじゃないかしら?」
言い当てられたときは、さすがにドキッとしました。
でも、(あぁ……やっぱりそうだったんだ……)と思いながら、
心がホッとしていったのを覚えています。
その後、引越しなどからI氏との年賀状のやり取りは途絶え、
今では連絡先さえもわからなくなってしまいました。

人との出会いには必ず意味があるものです。
今かかわっている人達とはなぜめぐり会ったのか、
魂ははっきりとわかって選んでいるのでしょう。

| | トラックバック (0)