第六感

簡単な方法で第六感を高めるには

「占いを読んでると、”ピンときたら逃さないで”とか

”自分の第六感を信じるように”って書いてあるんだけど、

どうもよくわからないんです。ピンとくるってどんな感じなんでしょうか?」

こんな質問をよくされるのですが、”感じ方”はその人自身が経験しなければ、

たとえ、こういうものですよって口で説明したところで、

それこそピンとこないだろうし、何の役にも立ちはしないでしょう。

ですから、今回は”第六感”を高めるための方法をお教えしますね。

その方法はいたって簡単。

『意識しながら”五感”を使う』ということだけです。

たとえば、今着ている服の表面を手のひらでなでてみてください。

どんな肌触りがしますか?指先を使って細かく確かめてくださいね。

見た目は柔らかそうなのにゴワゴワしたものもあるかもしれないし、

その逆に見た目以上に滑らかでフワフワしたものもあるかもしれませんね。

それをちゃんと意識しながら、何度もなでてみてください。

目をつぶってやってみると、よりわかりやすいと思います。

それが終わったら、今度は今あなたのそばにある、

いろいろな物にも触れてみてください。

携帯、バッグ、ペン、ノート、植物の葉、椅子、テーブル……

とにかく何でもいいので、どんな感触があるのかを

意識しながら触ってみるようにしてください。

普段、私達はいろいろな物を触っていますよね。

でも、無意識に触れているので、どんな感触だった?って聞かれても

それを正確に思い出すのはとても困難かもしれません。

もちろんそれは触ることに限らず、見る、嗅ぐ、聴く、味わうことについても同様です。

ですから、そんな”五感”をあえて意識して使うようにするのです。

それが習慣になっていけば、おのずと五感力が高まり、

次の段階である第六感にも自然と気づきやすくなっていくというわけです。

食事をするときも、こんなふうに食べてみるといいでしょう。

慌てて何も考えずに食べるのではなく、料理の匂いをかいだり、

口に入れたときの食感を確かめたり。

美味しいってどういうこと?不味いのは?などと意識しながら食べてみるのです。

これを3日も続ければ、あなたはいろいろなことに敏感になっていくはずです。

”ピンとくる”がどういうことなのかも、きっとわかるようになるでしょう。

大変なことではないので、まずは試してみてくださいね。

| | トラックバック (0)