意識を変える

”幸せ”は感染するもの

”婚活”という言葉が定着して、テレビや雑誌を賑わせている今日この頃。
29歳のY美さんもそんな結婚に憧れている一人です。
雑誌などで次々と組まれる結婚特集の頁をめくりながら、
華やかなウエディングドレスにため息をつき、
自分の結婚式はこんなふうにもあんなふうにもしたいと
思いを馳せるのだといいます。

しかし、肝心なことが一つ欠けています。
Y美さんの前には結婚を誓う恋人がまだ現われていないという点です。

「この間、入社2年目の後輩が社内恋愛で結婚したんです。
さっさと決めちゃったのが憎らしくて、披露宴に出るのは
もううんざりだったんですけど、新しい出会いを見つけるチャンスだと思って、
服を新調して行ってきました。ところが、周りは会社の知ってる顔ばかり……。
そりゃそうですよね、社内結婚なんですから。
新郎の学生時代の友人のテーブルにもわざわざチェックしに行ったんですよ。
だけど、いいな~タイプかも……って思うと、すでに左の薬指に
指輪をしてる人だったりして、うまくいかないなぁってつくづく感じちゃいました」

嫌な事件が続くこのご時世、心からの幸せを感じられ、
笑顔に触れられる”結婚式”は、貴重なセレモニーだと私は思います。
自分自身が主役じゃなくても、そこに同席するだけで、
幸せ気分にひたることのできる不思議な空間。
まるで『幸せの感染』が起こったかのような感じです。
二人の幸せそうな笑顔を見ると、つい無意識に口元がほころんでしまうような
そんな感覚っていえばわかりやすいでしょうか。

ところが、Y美さんは結婚式に出席しても、幸せを感じるどころか、
改めていかに自分が不幸なのかを痛感していたというのです。

それはなぜなのでしょう? 
どうして彼女には”幸せ”が感染しなかったのでしょうか?

それはY美さんが、他人の幸せを受け入れる気持ちがなく、
自分から壁をつくっていたからです。
憧れの結婚を自分よりも先にしてしまう後輩が
羨ましくてしょうがない彼女は、どうしても素直に喜べなかったのです。

幸せになる秘訣は、まず他人の幸せを心から祝福してあげることに始まります。
すると、自分にもその幸福が感染がしやすいというわけです。

”他人の不幸は密の味”なんて言葉もありますが、
他人の不幸を喜ぶ幸せなんて、本当の幸せではありません。
自分の中にあるやさしい気持ちを思い出して、
他人の幸せを心から喜んであげましょう。
そうすれば、そこから必ず幸せは広がっていくはずですから。

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

過去の選択を悔いたとき

なかなか更新できず申し訳ありませんでした。
これからもどうぞよろしくお願いします。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

もしも、あの時あの選択をしなければ、私はもっと幸せに
なっていたかもしれない……!

誰でも一度や二度は過去を振り返って、
こう思ったことがあると思います。
でも、そうでしょうか?
本当に別の選択をしていたら幸せになっていたでしょうか?

「あの時付き合ってたA君のこと、どうして振っちゃったんだろう。
あの人と一緒にいたら、きっと幸せになっていたはずなのに……」

30代後半のK子さんは、彼氏いない歴10年。
酔うと学生時代に半年程お付き合いしていた元彼を思い出し、
「別れなければよかった……」と愚痴をこぼします。
そして、「今の私だったら絶対に別れないのに……」と
悔しさを滲ませ、過去の若かりし自分を責めるのでした。

恋愛において、パートナーがいてもいなくても、
現在の自分を不幸せと思っている人ほど、過去の相手を引っ張り出して、
(といっても、本人にとってもその中からまぁまぁ良かった人のことを)
その時の自分に戻り、そして、道を選び直したいと考えてしまうようです。
なぜなら、現状よりも、そのほうがまだ不幸じゃないと思えてしまうからです。

でも、実際それはほんのちょっとの安心感を
自分に与えてるに過ぎない行為です。
しかも、逃避することで現実の幸せをも遠ざけてしまっています。

もちろん、自分を反省する意味では、
過去を振り返ることは、とても大切なことだと思います。
でも、過去の相手に執着し、前に進めなくなってしまうようでは
考えものだといえるでしょう。

「あの時、その彼と別れてなくても、きっと今のあなたは
同じ気持ちになっていたと思うわよ。
あの時のあの選択は間違っていなかったんじゃない?」
繰り返す私の言葉が、彼女の耳にしっかり届かなければ、
もしかしたら、K子さんの彼氏いない歴はまだ続いてしまうのかもしれません。

過去の選択はけっして変えることはできません。
だからこそ、後悔した過去を繰り返さないためにも、
こだわるのは、これからの未来の選択のみ!
そういった意識をもてるようになりたいものです。




| | トラックバック (0)

未来を信じる姿勢

「もう自分の人生はあきらめた……。
これまで一生懸命生きてきたのに、何も報われない。
私は幸せになれない星のもとに生まれてるんだと思う。
自分に合った相手なんて絶対現れないし、
たった一人で死んでくんだと思う」

アラフォーのY子さんは立て続けにそう言うなり、
電話口で泣き出してしまいました。

誰にでも日々気持ちの浮き沈みはあるものです。
思うような恋人がなかなか現われなかったり、
仕事がうまくいかないことなどが原因で、
自分のすべての幸せを否定したくなることもあるはずです。

本心でそう望んでいるわけではなくても、
Y子さんのように自暴自棄になってしまうのも
それは当たり前の感情だといえるでしょう。
だって、そんなに人間の心は頑丈ではないんですから。

ただ、言いっ放しは問題です。
私はY子さんに言いました。
本当にそれでいいの?

「もちろんいいわけじゃないけど……。
でも、こんなに待ってるのに現われないんだから、
この先だって現われるとは思えないし、自信も持てない……」

”未来”に自信がある人なんているんでしょうか?
誰も先のことはわかりません。
自分がいつ死ぬかさえ知り得ない状態ですよね。
そんなふうに皆同じ条件の下で、人は未来に向かって進んでいるわけです。
それでは、どうすればラクに生きていかれるのでしょう?

「あきらめるのが一番ラクだと思ったんですけど……」

Y子さんのように投げやりになってしまったとき、
誰もがそう思ってしまうようです。
でも、実はもっと気持ち良くラクになれる方法があるんです。

それは、自分の”未来”を信じることです。

人生が失敗だったか成功だったかなんて、結局は死ぬときにわかること。
つまり、人生の途中で失敗を嘆く必要はないのです。
一生懸命頑張ってる自分自身を信じることは、
必ず未来の自分をも信じることに繋がっていきます。

愚痴はいくらでも吐いて良し。
でも、未来を信じる気持ちは、けっしてなくさないでくださいね。

| | トラックバック (0)

愛されているという自信をつけるには

「愛されたい……」
とつねに口癖のようにつぶやいている人がいます。
恋人ができても、いつだって自分のほうが愛するばかりで、
相手は愛してくれたことなどない、と彼女は言います。
だから、交際中もいつ恋人に捨てられるか知れない不安で、
会うたびに「私のこと愛してる?」と確認するのだそうです。
最初は「愛してるよ」と答えてくれていた恋人も、
次第に「うん」としか言わなくなり、さらには
「いいかげんにしろよ」と怒鳴るようになると言うのです。
そして、彼女はがっくり肩を落として言いました。
「結局ふられるのは私なんです。これって愛されてないって
ことじゃないですか……」

好きな人に本当に好かれているのかどうか、
とても気になってしまうのはわかります。
でも、どのくらい”愛されてる”かを計るバロメーターはどこにもありません。
もちろん、自分が相手を”愛してる”のバロメーターだってないんです。
それなのに、彼女はその見えない”愛情”の度合いにとらわれ、
おびやかされてしまっているというわけです。

人の心は揺れるものだと思ってください。
自分の心に敏感でいれば、そういう揺れを感じ取ることができるはずです。
たとえば、「すごく愛してる」恋人のことを、その日によっては
「ふつう」って思うときもあるし、ケンカをすれば「大嫌い」に
なってしまうこともあるのではないでしょうか?
そうやって人の心はつねに小さく揺れています。それがわかれば、
些細な事で相手の気持ちに一喜一憂せずに済むはずです。

でも、どうしても小さな揺れに不安になる時は、自分と相手との
大きな土台になっている気持ちを固める努力をするといいでしょう。
土台の愛情をしっかり確認できていれば、たとえケンカをして
「おまえなんか嫌いだ」と言われても、それを本気にとることはないからです。
では、どうすれば二人の気持ちを固めることができるのでしょう?

それは相手を”信じること”なんです。

「愛されてるかどうかわからないから信じられない」
と嘆く彼女の言い分もわからないわけではありません。
でも、実は愛する人を”信じること”で、二人の愛が
さらに育めるのだということを覚えておいてくださいね。

もちろん、信じる自分を裏切るような人なら、さよならすればいいだけです。
でも、愛があれば必ずあなたの”信頼”に応えてくれるはずです。
わざわざ「愛してる」って言葉にしなくても、
態度や行動で表してくれている”愛”を感じとるようにすればいいのです。
そして、信じる気持ちは、いずれ大きなエネルギーになり
自分と愛する人との強い絆になっていくでしょう。

言葉という表面に惑わされないで。
愛されている自信を得るのは、すべて自分次第なのですから。

| | トラックバック (0)

不倫の覚悟

天に唾を吐けば、自分の顔に落ちてくるように、
自分のやった行ないは、必ず自分の元へ戻ってくるものです。
気功でも人が発する”気”は円を描いて地球を回り、必ず自分へと返ってきます。
つまり、良いことをすれば、その気はさらに大きなものとなり、
良いこととしてその人のところへ戻り、
悪いことをして悪い気を発すれば、当然さらに大きくなって
その人自身に悪事として返ってくるということです。

でも、知らず知らずに人を裏切ったり、ウソをついてしまったり。
誰であれ悪い気を発することは少なくありませんよね。
でも、自然の法則に従えば、悪いことをすれば確実に
同じように悪いことが自分に降りかかってくることになります。
意識して先に避けられることはいいけれど、
意識してもどうしようもなく避けられないこともあるでしょう。
とくに恋愛のように、感情だけで突き動かされるものは
頭ではわかっていても、なかなか行動が伴わないからです。

たとえば、不倫。
私は不倫を否定するつもりはありません。
恋愛がどんなカタチであろうとも、
真剣に人を好きになることは素晴らしいことだと思うからです。
とはいえ、不倫をしている人の悩みは、その人の胸を深くえぐり、
愛と憎しみの感情を複雑に絡みあわせてしまうものです。
心の安らぎを失い、どこにも行き場がなくなり、
自分の気持ちをごまかすことをも覚えてしまいがちです。

だからこそ、一つだけ忘れないでいて欲しいことがあります。
どんなに真剣な愛であっても、第三者を傷つける恋愛であれば、
必ずその気は自分自身にも回り回って返ってくるということを。
そして不倫とは、それだけの『覚悟』を持ってこその恋愛なのだということを。
どんな大きな犠牲を払っても、その人を愛してるのかを自問し、
そういう覚悟でその恋愛を続けるようにするといいでしょう。

それを自覚できているか否かで、恋愛はまったく違ったものになっていくはずです。
心強い未来を自らの手で開けていくことを忘れないでいてください。

| | トラックバック (0)

時間のとらえ方の違い

いろいろな人たちと話す機会があると、
それぞれの価値観だけでなく、時間のとらえ方の違いにも気づかされます
たとえば、恋愛話の中で、相手との交際期間についてたずねたとき、
「まだ1年なんです」という人と、「もう1年です」という人。
交際期間の前に、「まだ」を付けるか「もう」を付けるかで
まったく異なった意味合いになってしまうわけです。

Yさんは29歳の会社員。性格はおとなしく、
何事もじっくり進んでいくタイプです。
もちろん、恋愛も一歩一歩愛情を深めていくためか、
これまでお付き合いしてきた女性が3人。
といっても、それぞれ交際期間が3年間ずつあるので、
20歳の時からほとんど途切れなく恋人はいたのだそうです。
ところが最近、3人目の彼女と別れたばかりのYさんは
次の恋ができるかどうか不安なのだと言います。

「これまで付き合った3人ともが、3年程経ってくると、
”結婚したい”って話でプレッシャーをかけてきます。
でも、僕は一生のことをたったの3年で決めることはできない。
せめて5年は付き合って、納得した上で結婚したいんです。
だけど、正直に話してもわかってもらえません。
それで結局、毎回ふられてしまうことになってしまって…。
これからまた別の人と付き合っても、また3年経ったら
そんなふうに言われるのかと思うと、
もしかしたら一生結婚できないのかな、って不安なんですよね」

なかなか決断できない彼が悪いわけではないし、
もちろん、結婚したいという彼女たちが悪いわけでもありません。
これが先に述べた、”時間の感覚”の違いなのです。
とはいえ、Yさんがお付き合いしてきた女性の場合は、
3年経って結婚話をしているので、特別時間感覚が早い人だったのではなく、
彼自身がさらにじっくりいくタイプだったということでしょう。

「それなら、自分とまったく似ている人でなければうまくいかないってことですか?」

いいえ、感覚の違いがあるのは問題ではありません。
ただ、相手がどんな時間感覚を持つ人なのかを知ることは大事だし、
その前に自分自身はどうなのかを知っておくことが必要なんだと思います。
そのポイントを外さなければ、自然と互いに歩み寄る気持ちが出てくるはずです。

知り合って半年で籍を入れた知人は、Yさんのようなじっくり派です。
相手にプロポーズされたのは交際3ヵ月のときで、
「キミはまだ3ヵ月って思うかもしれないけど、僕の気持ちはずっと変わらないから
結婚して一緒に暮らしながら愛を深めていこう」と言われたのだそうです。
もし相手が自分の気持ちをまったく汲まずにプロポーズしていたら、
多分受け入れられなかった、と彼女は言います。

そんなふうに人の心はほんの少しの思いやりで動かされるものです。
時間の感覚が大きく異なる者同士であっても、
相手の考えがわかっていれば、ふたりだからこその
絶妙なタイミングを作り出すことができるはずです。

| | トラックバック (0)

チャームポイントは笑顔!

「可愛くないし、カッコよくもない。
そんなふうに自分の容姿に全然自信がないから、
何をやってもうまくいかないし、いくら頑張っても認めてもらえません。
失敗して自信を失うんじゃなくて、最初っから自信がなかったら
どうやって生きていけばいいんでしょうか?」

こんな質問をわたしにぶつけてきたM子さんは19歳。
子供の頃から自分の顔やスタイルに自信がなく、
恋人がなかなかできないのもそれが原因だと言います。
でも、本当にそうでしょうか?

一般的に誰もが、可愛くないよりは可愛いほうがいいと思うでしょう。
カッコ悪いより良いほうがいいとも思うでしょう。
スタイルも悪いよりは、良いほうがいいと思うでしょう。
頭だって悪いより、知性的なほうがいいと思うかもしれません。
とはいえ、これはあくまでも一般的なたとえ話。こんな人が実際にいたとしても、
すべての人が恋焦がれる対象であるとは限らないんですよね。
それなのに、自分の容姿に自信がないと、目がもっと大きかったら、
鼻がもっと高かったら、脚がもっと細かったら……などと、
カタチを作り直すことで、すべての悩みが解決できるって
思い込んでしまいやすい人が少なくないようです。

でも、どんなに整った顔立ちで、スタイルが抜群に良くても、
ルックスだけでちやほやされるのは若い頃まで。
20代を過ぎれば、自分の心柄がくっきりと顔に現われてきます。
つまり、悪事を考えたり、他人を陥れても自分さえ良ければいいという
考えを持てば、そのとおりの顔になっていってしまうんです。
逆を言えば、自分の人生、一生懸命真面目に進んでいけば、
必ず真の意味での「いい顔」をつくっていかれることになります。

「でもそれじゃ、ずっと私はこの顔で我慢しなきゃいけないし、
年をとらなければ自信はつけられないってことになりますよね……」

いいえ、そんなことはありません。
顔に自信がないなら、いつも「笑顔」を心掛けることです。
”笑う門には福来る”と言うけれど、これは本当のこと。
どんなに美人で素敵でも、笑顔がない人には誰も近づけないものです。
でも、いつも笑みを絶やさない人のそばには、
誰だって近づきたくなっていくものなんです。

自分のチャームポイントは笑顔!

堂々と言えるようになればこっちのものです。
姿カタチに惑わされず、自分らしい可愛さやカッコ良さを
見つけていくようにするといいでしょう。
もちろん、女性だけに限りません。
容姿に自信のない男性でも「笑顔」は必ず自信の素になるはずです。

| | トラックバック (0)

勝手な憶測で相手を見ない

恋人もいず、結婚もせずに一人でいることを、私は孤独だとは思いませんが、
その状況を「マイナス」にとらえてしまう人のほうが、まだまだ多いようです。

たとえば、外資系企業で3ヶ国語を操り仕事をするY子さん40歳。
いずれは結婚したいと思ってはいるものの、現在彼女に恋人はいません。
彼女自身は焦っておらず、今は一人でいる時間を充実させているのですが、
親をはじめ、親戚は会うたび毎に、
こんな年齢まで結婚もできないなんて不憫だ……、と嘆くそうです。

「そういう言葉で落ち込まないって言ったら嘘になります。
自分で納得できる相手と巡り会うまでは結婚したくないっていっても
そんなの夢物語だって一蹴されちゃいますしね。
でも、私は一人でいることを全然不幸だとは思ってませんよ」

強がりで言ってるわけではないことは、
彼女の充実したふだんの生活を聞けばすぐにわかります。
ただ、周りの人が彼女の状況を否定的にとらえてしまっているのです。

”恋人がいない””結婚していない”だけに限らず、”子供がいない”
”勉強ができない””お金に余裕がない””働いていない”なども、
とかく周りに、イメージだけでとらわれやすい事柄なのではないかと思います。

以前、結婚10年経っても子供がいないご夫婦に、
子供がいないと告げるたびに哀れみの目で見られる…
という話を聞かされたことがあります。
彼らは何とも思っていないのに、相手が勝手に想像して、
可哀想に……という同情を向けてくるのだというのです。

確かに、一人でいることを寂しいと感じ、
子供がいないことで落ち込んでいる人もいるでしょう。
でも、すべてが自分のイメージと同じであるという勝手な憶測で
相手に接することは結果的に相手との溝をつくる原因となってしまいます。

そんな間違いをしないためには、どうすればいいのでしょう?
基本は、まず最初に相手の話に耳を傾けること。
勝手な憶測は、相手の話を聞かないことから始まります。

そうやってほんの少し意識を変えるだけで、
相手の本心を受け入れることができるでしょう。
試してみたらきっと納得できるはずです。

| | トラックバック (0)

”出会い”を”恋”に変えるのは自分の気持ち次第

「私は一生ひとりのままなんだと思います。もういいんです。
それが自分の運命だって受け入れることにしますから、、、、」

電話口の向こうで、34歳のOL、T子さんは早口でこう言いました。
なんでも、最近次から次へと周りの友人らが結婚を決め、
遂には独身が自分ひとりだけになってしまったと言うのです。

30代で未婚でいても、今は特別珍しいことではありません。
私の知り合いでは、40代、50代でも同じ悩みを抱えている人が
決して少なくないのですから。
ところが、T子さんは「もうこれ以上待っても無駄」だと言うのです。
なぜそんなふうに思うのかを尋ねてみると、
今度は怒ったような声で彼女は言いました。

「私なんてもう5年近くも恋をしていません。
なのに、今回結婚が決まったA子はいつだって恋人がいて、
結婚相手が何人めなのかわからないくらいなんですよね。
神様は不公平だと思います。私ももっとたくさんの恋が
できるような人間で生まれたかった」

T子さんは恋愛について大きな誤解をしていました。
恋は神様が与えてくれるものではありません。
神様はT子さんにもA子にも平等に「出会い」を与えているのです。
それを「恋」に変えるかどうかは、各自の気持ち次第です。
つまり、T子さんは自分の意志で、これまでの「出会い」を
「恋」に変えてこなかっただけで、この5年間恋人がいなかったのは、
神様のせいでも誰のせいでもなく、T子さん自身の選択だったということなのです。

「でも、出会いなんて全然なかったんですよ!」

本当に? 誰ひとりとして、あなたに近づいてきた人はいなかった?

「たまにはいましたけど、そういう人は私のタイプじゃない人ばかりで
最初っから相手にはしてませんでした」

つまり、出会いはあったってことですよね?
ただ、タイプじゃなかったから、誘いに乗らなかっただけで、
もしデートしてたら、相手はあなたに好感を持っていたのだから、
恋が始まっていた可能性は高いと思いませんか?

恋をたくさんすることが幸せだというわけではありません。
人生で「この人だ」って思える相手と出会えれば、
それが何人目であろうが関係ないからです。
忘れたらいけないのは、自分らしい恋を選んでいくことです。
それには、絶対に「私なんて無理……」とあきらめないことです。

| | トラックバック (0)

どうすれば自分の心をコントロールできる?

「友達の結婚が決まったんです。二人のことをよく知ってるので
よかったなぁ…って思いつつも、どこかで憎らしいって思う自分がいます。
壊れればいいのにって考えることもあって……二重人格?って感じるぐらい。
こんな私って、すごく嫌な性格ですよね……」

I子さんは29歳。つい先日2年お付き合いしていた恋人と別れたばかり。
彼女いわく、「結婚をほのめかしたら、相手に引かれちゃった」のだそうです。
その後間もなくして、彼女の友達の結婚が決まり、
「心からお祝いしてあげたいのに、できない自分がいる」と悩んでいるのでした。

【自分は結婚できなかった ←→ 友達は結婚が決まった】

I子さんの心の中には、こういった対極的な図ができあがってしまっています。
こんな相反する気持ちが同居できるわけがありませんよね。
素直に友達の結婚を祝ってあげられないのも当然のことといえるでしょう。

「でも、本当の私は邪心なく、よかったねおめでとうって言ってあげたいんです」

では、どうすれば平穏な心を取り戻し、友達の結婚を祝えるのでしょう?
実は、とても簡単に自分の心をコントロールすることが可能です。

それは、自分の結婚と友達の結婚を比較しないことなんです。
”結婚”という同じ事柄なので、つい比較しやすいのですが、
比べてしまえば、”私はできなかったのにあの人はできた……”と、
相手によって自分自身を否定することになってしまいます。
そうなると、相手に対して抱くのは、羨みや妬みの思いばかり。
I子さんのように、「壊れてしまえばいい……」と思ってしまうのも、
嫉妬心が高じた結果といえるでしょう。

つまり、最初から同じ土俵には上らないことです。
自分の結婚と友達の結婚はまったくの別物なので、
『他人事』としてとらえればいいのです。
そうやって、距離を置いて冷静に友達を見てみれば、
必ず心は落ち着いてくるはずです。
そして、他人の事でいちいち惑わされなくなるでしょう。

| | トラックバック (0)