« 過去の選択を悔いたとき | トップページ | ”相性”が悪いとうまくいかない!? »

”幸せ”は感染するもの

”婚活”という言葉が定着して、テレビや雑誌を賑わせている今日この頃。
29歳のY美さんもそんな結婚に憧れている一人です。
雑誌などで次々と組まれる結婚特集の頁をめくりながら、
華やかなウエディングドレスにため息をつき、
自分の結婚式はこんなふうにもあんなふうにもしたいと
思いを馳せるのだといいます。

しかし、肝心なことが一つ欠けています。
Y美さんの前には結婚を誓う恋人がまだ現われていないという点です。

「この間、入社2年目の後輩が社内恋愛で結婚したんです。
さっさと決めちゃったのが憎らしくて、披露宴に出るのは
もううんざりだったんですけど、新しい出会いを見つけるチャンスだと思って、
服を新調して行ってきました。ところが、周りは会社の知ってる顔ばかり……。
そりゃそうですよね、社内結婚なんですから。
新郎の学生時代の友人のテーブルにもわざわざチェックしに行ったんですよ。
だけど、いいな~タイプかも……って思うと、すでに左の薬指に
指輪をしてる人だったりして、うまくいかないなぁってつくづく感じちゃいました」

嫌な事件が続くこのご時世、心からの幸せを感じられ、
笑顔に触れられる”結婚式”は、貴重なセレモニーだと私は思います。
自分自身が主役じゃなくても、そこに同席するだけで、
幸せ気分にひたることのできる不思議な空間。
まるで『幸せの感染』が起こったかのような感じです。
二人の幸せそうな笑顔を見ると、つい無意識に口元がほころんでしまうような
そんな感覚っていえばわかりやすいでしょうか。

ところが、Y美さんは結婚式に出席しても、幸せを感じるどころか、
改めていかに自分が不幸なのかを痛感していたというのです。

それはなぜなのでしょう? 
どうして彼女には”幸せ”が感染しなかったのでしょうか?

それはY美さんが、他人の幸せを受け入れる気持ちがなく、
自分から壁をつくっていたからです。
憧れの結婚を自分よりも先にしてしまう後輩が
羨ましくてしょうがない彼女は、どうしても素直に喜べなかったのです。

幸せになる秘訣は、まず他人の幸せを心から祝福してあげることに始まります。
すると、自分にもその幸福が感染がしやすいというわけです。

”他人の不幸は密の味”なんて言葉もありますが、
他人の不幸を喜ぶ幸せなんて、本当の幸せではありません。
自分の中にあるやさしい気持ちを思い出して、
他人の幸せを心から喜んであげましょう。
そうすれば、そこから必ず幸せは広がっていくはずですから。

人気ブログランキングへ

|

« 過去の選択を悔いたとき | トップページ | ”相性”が悪いとうまくいかない!? »

意識を変える」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215674/47831207

この記事へのトラックバック一覧です: ”幸せ”は感染するもの:

« 過去の選択を悔いたとき | トップページ | ”相性”が悪いとうまくいかない!? »