« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月

愛されているという自信をつけるには

「愛されたい……」
とつねに口癖のようにつぶやいている人がいます。
恋人ができても、いつだって自分のほうが愛するばかりで、
相手は愛してくれたことなどない、と彼女は言います。
だから、交際中もいつ恋人に捨てられるか知れない不安で、
会うたびに「私のこと愛してる?」と確認するのだそうです。
最初は「愛してるよ」と答えてくれていた恋人も、
次第に「うん」としか言わなくなり、さらには
「いいかげんにしろよ」と怒鳴るようになると言うのです。
そして、彼女はがっくり肩を落として言いました。
「結局ふられるのは私なんです。これって愛されてないって
ことじゃないですか……」

好きな人に本当に好かれているのかどうか、
とても気になってしまうのはわかります。
でも、どのくらい”愛されてる”かを計るバロメーターはどこにもありません。
もちろん、自分が相手を”愛してる”のバロメーターだってないんです。
それなのに、彼女はその見えない”愛情”の度合いにとらわれ、
おびやかされてしまっているというわけです。

人の心は揺れるものだと思ってください。
自分の心に敏感でいれば、そういう揺れを感じ取ることができるはずです。
たとえば、「すごく愛してる」恋人のことを、その日によっては
「ふつう」って思うときもあるし、ケンカをすれば「大嫌い」に
なってしまうこともあるのではないでしょうか?
そうやって人の心はつねに小さく揺れています。それがわかれば、
些細な事で相手の気持ちに一喜一憂せずに済むはずです。

でも、どうしても小さな揺れに不安になる時は、自分と相手との
大きな土台になっている気持ちを固める努力をするといいでしょう。
土台の愛情をしっかり確認できていれば、たとえケンカをして
「おまえなんか嫌いだ」と言われても、それを本気にとることはないからです。
では、どうすれば二人の気持ちを固めることができるのでしょう?

それは相手を”信じること”なんです。

「愛されてるかどうかわからないから信じられない」
と嘆く彼女の言い分もわからないわけではありません。
でも、実は愛する人を”信じること”で、二人の愛が
さらに育めるのだということを覚えておいてくださいね。

もちろん、信じる自分を裏切るような人なら、さよならすればいいだけです。
でも、愛があれば必ずあなたの”信頼”に応えてくれるはずです。
わざわざ「愛してる」って言葉にしなくても、
態度や行動で表してくれている”愛”を感じとるようにすればいいのです。
そして、信じる気持ちは、いずれ大きなエネルギーになり
自分と愛する人との強い絆になっていくでしょう。

言葉という表面に惑わされないで。
愛されている自信を得るのは、すべて自分次第なのですから。

| | トラックバック (0)

魂の修行

「嫌なことがたくさんあるのに、どうして我慢しながら
生きていかなくちゃいけないんでしょうか?」

悩みを抱えると、なぜこんなに苦しく辛い思いをしてまで
生きる必要があるんだろう……と、
人は「生きる」ことに矛盾を感じやすくなってしまいます。
S子さんもそんな一人でした。
仕事はリストラに遭い、結婚したいのに好きな人も現れないまま。
しかも、もうじき30歳になるというのに、自分が思い描いていた夢が
何一つ20代でかなえられなかったと嘆いていました。

そんなふうに生きる理由を問われたときの私の答えは決まっています。
「生きることは魂の修行なのよ」

私は輪廻転生を信じています。
つまり、自分の魂がこの人生だけで終わりだと思わないので、
自分の身に何が起こってもあまり驚きません。
現在の自分が生まれる以前から、そしてこの先もなお続いていくだろう
自分の魂の永遠の修行………。それが生きることだととらえているのです。

人生の中で繰り返し起こる良いことも悪いことも、
どんなことであれ自分の人生の肥やしになっています。
辛さや苦しみをこらえることは大変なことだけれども、
結果うんぬんではなく、必ずその経験は自分の魂の修行になっています。
そして、その修行は確実に自分の魂に磨きをかけ、厚みをつけ、
自分自身に心の余裕を与えてくれるのです。

良いことがあったときよりも、辛いことがあった後のほうが
精神的に成長できた経験はありませんか?
人生はそうやって、さまざまな問題を乗り越えていくものだと思います。
そう、生きていれば悩みは尽きません。でも、悩みがあるからこそ、
人は自分を見つめ直し、他者とのかかわりを深めていけるわけです。

今すぐ自分の現状から逃れたいと願っていたS子さんには、
こんなふうに伝えました。

「苦しさを一人きりで抱える必要はないんですよ。
もちろん、誰かがその苦しみを代わってあげることはできないけど、
人に話を聞いてもらえればだいぶ気持ちもラクになれるでしょ? 
とにかく苦しんでる自分から目をそらさないようにね。
そして、完璧ではなくても、ちゃんと頑張ってる自分自身を認めてあげて。
それはあなたが生きているからできることなんですよ」

生きることはけっして辛いだけではありません。
生きているからこそ皆と気持ちを共感しあい、
楽しいことも嬉しいことも経験できます。
前世でかかわった魂と現世ではどんなふうにかかわり、
また来世ではどうなっていくのか……。

私はいつの時代も頑張って自分にしっかり磨きをかけて、
皆さんにお会いしたいなって思っています。

| | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »