« ”出会い”を”恋”に変えるのは自分の気持ち次第 | トップページ | 恋愛で傷ついたとき »

勝手な憶測で相手を見ない

恋人もいず、結婚もせずに一人でいることを、私は孤独だとは思いませんが、
その状況を「マイナス」にとらえてしまう人のほうが、まだまだ多いようです。

たとえば、外資系企業で3ヶ国語を操り仕事をするY子さん40歳。
いずれは結婚したいと思ってはいるものの、現在彼女に恋人はいません。
彼女自身は焦っておらず、今は一人でいる時間を充実させているのですが、
親をはじめ、親戚は会うたび毎に、
こんな年齢まで結婚もできないなんて不憫だ……、と嘆くそうです。

「そういう言葉で落ち込まないって言ったら嘘になります。
自分で納得できる相手と巡り会うまでは結婚したくないっていっても
そんなの夢物語だって一蹴されちゃいますしね。
でも、私は一人でいることを全然不幸だとは思ってませんよ」

強がりで言ってるわけではないことは、
彼女の充実したふだんの生活を聞けばすぐにわかります。
ただ、周りの人が彼女の状況を否定的にとらえてしまっているのです。

”恋人がいない””結婚していない”だけに限らず、”子供がいない”
”勉強ができない””お金に余裕がない””働いていない”なども、
とかく周りに、イメージだけでとらわれやすい事柄なのではないかと思います。

以前、結婚10年経っても子供がいないご夫婦に、
子供がいないと告げるたびに哀れみの目で見られる…
という話を聞かされたことがあります。
彼らは何とも思っていないのに、相手が勝手に想像して、
可哀想に……という同情を向けてくるのだというのです。

確かに、一人でいることを寂しいと感じ、
子供がいないことで落ち込んでいる人もいるでしょう。
でも、すべてが自分のイメージと同じであるという勝手な憶測で
相手に接することは結果的に相手との溝をつくる原因となってしまいます。

そんな間違いをしないためには、どうすればいいのでしょう?
基本は、まず最初に相手の話に耳を傾けること。
勝手な憶測は、相手の話を聞かないことから始まります。

そうやってほんの少し意識を変えるだけで、
相手の本心を受け入れることができるでしょう。
試してみたらきっと納得できるはずです。

|

« ”出会い”を”恋”に変えるのは自分の気持ち次第 | トップページ | 恋愛で傷ついたとき »

意識を変える」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215674/44287325

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手な憶測で相手を見ない:

« ”出会い”を”恋”に変えるのは自分の気持ち次第 | トップページ | 恋愛で傷ついたとき »